クラウドサーバーへの移行を応援します!5万円キャッシュバックキャンペーン

(GMOクラウド ALTUSアルタス Isolateシリーズ)豊富な27プランから最適なサイズをお選びいただけます

仮想サーバー

お客さまの用途に合わせて最適な仮想サーバーサイズを選択していただくことで、
リソースを無駄なく使うことができます。
システム構成全体におけるコストの無駄を省き、低予算でのクラウド導入が可能です。

仮想サーバーサイズ(インスタンス)

仮想サーバーは、CPUとメモリの組み合わせによる豊富な27サイズからお選びいただけます。
CPUは1vCPUから8vCPUまで、メモリは512MBから32GBまでの幅広いラインナップです。

8コア
(2.4GHz相当)
            WLV12 WLV16 WLV24 WLV32
6コア
(2.4GHz相当)
            XLV12 XLV16 XLV24 XLV32
4コア
(2.4GHz相当)
      LV4 LV6 LV8 LV12 LV16 LV24 LV32
2コア
(2.4GHz相当)
    MV2 MV4 MV6 MV8 MV12 MV16    
1コア
(2.4GHz相当)
  SV1 SV2 SV4 SV6 SV8        
1コア
(1.2GHz相当)
XSV                  
vCPU/メモリ 512MB 1GB 2GB 4GB 6GB 8GB 12GB 16GB 24GB 32GB

スケールアップ・ダウン

仮想サーバーサイズ(インスタンス)を変更する際は、プラン変更によるスケールアップおよびスケールダウンが可能です。ご契約手続きの変更や面倒なデータ移行の必要はありません。システム構成の変更や拡張に応じて柔軟にご利用いただけます。
※スケールアップ・ダウンの際は、仮想サーバーの停止が必要です。

スケールアップ・スケールダウンのイメージ
スケールアップ・スケールダウンのイメージ
スケールアップ・スケールダウンのイメージ

活用事例1

開発環境と本番環境の運用負荷を軽減する
〜仮想NICの付け替えで、仮想サーバーを異なる仮想ルーター配下に移動する〜

ミッション・クリティカルなプロジェクトでは、本番環境にリリースする前に開発環境での検証が欠かせません。GMOクラウド ALTUS(アルタス) Isolateシリーズでは、開発環境でシステムを構築後に仮想NICを付け替えて、本番環境に仮想サーバーを移動させることができます。

開発環境と本番環境をスムーズに切り替えることができますので、システム開発者の運用負荷を大幅に軽減することが可能です。

スケールアップ・スケールダウンのイメージ
スケールアップ・スケールダウンのイメージ
スケールアップ・スケールダウンのイメージ

活用事例2

メンテナンス用の踏み台サーバーや
複数セグメントの監視サーバーを構築する
〜仮想NICを増やし、異なる仮想ルーター間で通信を可能にする〜

GMOクラウド ALTUS(アルタス) Isolateシリーズでは、仮想NICを増やすことで異なる仮想ルーター間での通信が可能になります。 1システム内に2台のルーターを設置し、その配下に複数セグメントを保持した仮想サーバーを1台配置します。メンテナンス用の踏み台サーバーとして利用するほか、データのコンテンツ置き場としても活用できます。

本来であれば、2台の仮想ルーター配下にそれぞれ1台ずつ合計2台の仮想サーバーを配置する必要がありますが、仮想NICを増やすことで、2台の仮想ルーターに対して1台の仮想サーバーで済むため、コストの削減が可能です。NIC追加は初期構築後に可能となります。

仮想NICを増やした時のイメージ
仮想NICを増やした時のイメージ
仮想NICを増やした時のイメージ