ALTUS導入・移行代行メニュー最大5万円OFFキャンペーン

ALTUS導入・移行代行メニュー最大5万円OFFキャンペーン

ALTUSではじめるかんたんWeb高速化

ALTUS上にサーバー管理ツールPleskを搭載することで、かんたんにWebの高速化を図れるようになります。
Pleskを利用いただけますと、コマンドなしのサーバー管理が可能です。
さらに、Plesk経由で提供されるSpeed Kit(CDN)は、50〜300%のWebサイト高速化を実現します。

\ALTUSならSpeed Kitも無料!/

14日間無料ではじめる
CDNって?導入するとどう変わるの?

CDNとは

CDNの正式名称は「Contents Delivery Network(コンテンツデリバリーネットワーク)」です。
エンドユーザーがWebコンテンツにアクセスする際、コンテンツが保存されているサーバーには大きな負荷がかかります。また、アクセスしてから、コンテンツを表示処理するため、Webサイトの表示速度も遅くなります。

CDNを導入することで、コンテンツが保存されているサーバー以外に動画や画像、CSSなどキャッシュが保存される複数台のCDNサーバーにエンドユーザーがアクセスすることになりますので、本来のサーバーに負荷がかかることがありません。また、アクセスする前から表示する準備ができているため、Web表示速度の改善につながります。

Speed Kit (CDN)
の特長

CDNって?導入するとどう変わるの?

さらに...

Speed Kit(CDN)なら、表示速度の改善見込みを
シミュレーションしてから導入判断可能!

導入後本当に改善されるのか、どのくらい改善されるのか、見えない部分も多く不安に感じる方もいらっしゃるかと思います。Speed Kitなら、導入前にシミュレーションすることが可能です。導入後のイメージを事前に確認してからご判断ください。

Plesk導入後、Speed Kitをインストールします。
インストールだけでは、料金は発生しません。

インストール後ワンクリックでWeb表示速度の改善率がシミュレーション可能です。

アクティブ化をクリックすることで、導入することができます。

\ALTUSならSpeed Kitの
⽀払いも統⼀!/

通常PleskからSpeed Kitの導⼊を⾏う場合、
サーバー費⽤とSpeed Kitの費⽤の⽀払いが異なり、管理が煩雑になりがち…

⼀般的なサーバー

  1. Plesk上でSpeed Kitをインストール
  2. Plesk上で決済(Plesk社へお⽀払い)
  3. サーバー会社にサーバー費を⽀払い

請求タイミングも管理も煩雑に…

⽀払い統⼀
できるのは
GMOクラウド
だけ!

ALTUS

  1. ALTUSポータル上でSpeed Kitライセンス購⼊
  2. Plesk上でSpeed Kitライセンス適⽤
  3. ALTUSでまとめ てお⽀払い!

請求タイミングも管理も分かりやすい︕

Speed Kit (CDN)
の料金プラン

Extensionsライセンス 月額
Speed Kit 1ドメイン 913円
10ドメイン 3,036円
30ドメイン 5,313円
ドメイン無制限 7,590円
  • ※ 記載されている料金はすべて税込みです。
  • ※ ALTUSポータル上でお申し込みいただけます。 ALTUSポータル経由でなく、Plesk上で購入される場合、請求元はPlesk社となりますので、ご注意ください。
  • ※ 本ライセンスは通常のPleskライセンスと合わせてご利用いただく必要があります。

ALTUS Speed Kit 構成例

サーバースペック・費用イメージ
項目 容量 内訳 初期費用 月額費用
OS 1 CentOS 7.9 with Plesk Obsidian
Pleskライセンス 1 Web Admin Edition(10ドメイン) 1,144円
Speed Kit(Plesk Extensionsライセンス) 1 1ドメイン版 913円
CPU2コアリソースパックx2(2vCPU/2GB/HDD40GB)=3,300円
追加ディスク80GB=1,816円
5,116円
メモリ2GB
ルートディスク20GB
追加ディスク100GB
バックアップストレージ120GB単価:15.3264円x120GB=1,839.168円1,840円
グローバルIPアドレス1仮想サーバー1台につき1IP無料
合計 9,013円

※料金はすべて税込みです。

\ALTUSならSpeed Kitも無料!/

14日間無料ではじめる

ご利用までの流れ

1
ALTUSお申し込み後、ALTUSポータルにて、PleskおよびSpeed Kitのライセンスを購⼊
2
ALTUSポータルにて、仮想サーバー
(Plesk付き)の作成・初期設定
3
Pleskにて、Plesk及びSpeed Kitの
ライセンスを適⽤