Plesk Obsidianリリース記念!Plesk最大7カ月無料キャンペーン

オンプレミスとクラウドを比較しながら異なる点をご説明します

オンプレミスとクラウドはどう違うの?

そもそもオンプレミスとは

オンプレミスとは、企業で利用しているシステム構築に必要なサーバー機器などをお客さまで導入し、運用することをいいます。
従来は、ほとんどの企業は、お客さまで機器を導入し、運用していました。
近年、IaaS(Infrastructure as a Service)と呼ばれるクラウドサービス(クラウドとは)が増えたことにより、それと区別するために、自社で導入・運用することを「オンプレミス」というようになりました。

オンプレミス お客さまで導入/運用 / クラウド インターネットを介しクラウドサービスを利用
オンプレミス お客さまで導入/運用 / クラウド インターネットを介しクラウドサービスを利用
オンプレミス お客さまで導入/運用 / クラウド インターネットを介しクラウドサービスを利用

それぞれのメリットとデメリット

クラウドへ移行する企業が増えてきていますが、必ずしも全てのシステムをクラウドに移行することが正解というわけではありません。
「オンプレミス」と「クラウド」それぞれ異なるメリットを持っています。

比較表

  オンプレミス クラウド 解説
コスト △ ◯ オンプレミスは、お客さまでサーバー機器などをリースor買取をするため、初期投資が大きい。ただし、最適なサーバーサイジングと長期間の利用をする場合は、コストメリットがある場合もあります。一方クラウドは初期費用が必要なく、コストを最小限に抑えることが可能です。また、オンプレミスは、拡張が必要となるたび初期投資が発生するため拡張性のあるサービスに関してはクラウドの方が適しているといえます。
調達スピード × ◯ オンプレミスの場合、機器選定から機器調達まで一ヵ月以上かかってしまうことが想定されますが、クラウドの場合、申し込みからサーバーの立ち上げまで、数分で利用できます。
災害 × ◯ お客さまの建物内に設置している場合、万一の災害によりサーバーが破損し、大切なデータがなくなってしまうリスクがあります。クラウドのサーバーは、強固なデータセンター内にデータを保管しておくことで、リスクが軽減されます。
障害 × △ オンプレミスの場合、ハードウェアに障害が起きてしまったら、運用スタッフが自身で復旧を行う必要があり、多くのリソースを取られます。クラウドの場合、サービス提供元が障害対応を行いますので、緊急時の負担が減少します。
バックアップ × ◯ オンプレミスでは、ソフトウェアなどのバージョンアップ際に、検証環境やバックアップ環境を新たに導入する場合、コストがかかってしまうだけでなく、機器導入などにかかる時間や手間も増えてしまいます。クラウドの場合、テンプレートを複製するだけで、簡単に検証環境を作れるほか、検証後簡単に削除できるので、コストも最低限に抑えることができます。
カスタマイズ ◯ △ 自前で構築できるオンプレミスの場合、システムに合わせて環境をカスタマイズできるのに対しクラウドは、ネットワーク機器やサーバー機器・OSなどのカスタマイズが限られるため、機器における自由度が劣ります。しかし、仮想サーバーのリソース変更がすぐにできるなど、サーバーに関するカスタマイズ性はあります。
パフォーマンス ◯ × クラウドの場合、ネットワークを介して離れたところにあるサーバーへアクセスするため、オンプレミスのローカル回線を利用する社内に設置されているサーバー機器の通信速度を比べると、速度は劣ります。
セキュリティ ◯ △ 社内に設置しているオンプレミスなら、ローカル環境でシステムの構築・運用を安心してできるのに対し、クラウドの場合は、データの送受信がインターネット経由であるため、セキュリティ面においてリスクを懸念することも多いです。セキュリティサービスを利用することで、リスクを軽減することも可能です。

このようにそれぞれのメリットは異なるため、お客さまの利用状況をあてはめて考えた時、どちらの方がメリットが大きいのか、比較することをおすすめします。そして、用途に合わせて組み合わせたい場合は、ハイブリッドクラウドも一つの選択肢となります。

良いとこ取り!ハイブリッドクラウドという選択肢

ハイブリッドクラウドとは、利用形態が異なるサービスを組み合わせて利用することを指します。たとえば、以下のように様々な組み合わせで利用することができるようになります。

オンプレミスとクラウド
専用サーバーとクラウド
ハウジングとクラウド

良いとこ取りでよくある例として、Webサーバーのようなトラフィックの変動が多いサーバーはクラウドを利用して、DBなど高パフォーマンスが必要なものはオンプレミスで利用するも可能です。また、顧客データなど災害によるデータ紛失を避けたい場合は、オンプレミスでなく、専用サーバーやハウジングを利用する選択肢もあります。オンプレミス x クラウドの場合、通信をセキュアにするために専用線やVPNを導入するため、費用が高くなることがあり、費用のメリットが大きい専用サーバーやハウジングなどを利用することもあります。

まとめ

オンプレミスとは、企業で利用しているシステム構築に必要なサーバー機器などのを自社で導入し、運用することを指します。それと比較して、
インターネットを通じてサービスを利用することをクラウドと呼びます。それぞれのメリットは異なり、Webサーバーならクラウド、ローカル環境で利用する社内システムならオンプレミスが適しているなど、使い方に合わせて最適な環境を選択することが重要です。

Webサーバーもあるし、業務システム・DBも持っているけど、コストと環境の最適化を図りたい場合は、良いとこ取りのハイブリッドクラウドを
利用するという選択肢もあります。お客さまにとっての最適な構成が分からない場合、GMOクラウドでご提案させていただくことも可能です。

GMOクラウドのハイブリッドクラウド

逆に、Webサーバーをメインに運用しているなら、全てクラウドへ移行するのも一つの選択肢です。

オンプレミスからクラウドへ移行するメリット

このように選択肢は、たくさんあります。オンプレミスやクラウド、ハイブリッドクラウドの特長を理解し、もっとも自社のサービスにあった
選択肢を選ぶことで、コストと環境の最適化を図ることが可能になります。