[Isolateシリーズ 構成例3]大量アクセスに備えた複数台構成でECサイト運営も安心

ECサイト向け構成

サーバー停止が売上げに大きな影響を及ぼすECサイトでは、サーバーの冗長構成が欠かせません。仮想ルーターに標準搭載のロードバランサーでWebサーバーの負荷分散を行いつつ、顧客情報を扱うDBサーバーも複数台にすることで冗長性を高めた構成です。

大切な商品データや顧客情報を保護するため、ネットワークセグメントを分けて詳細な通信ルールを設定することで、高セキュアなネットワーク環境が構築できます。

  • ※ VR=仮想ルーター、FW=ファイアーウォール、LB=ロードバランサー、R-VPN=リモートアクセスVPN、VM=仮想サーバー、Root=ルートディスク、Data=データディスク(標準ディスク)、SSD=データディスク(フラッシュディスク)、Web=Webサーバー、DB=データベースサーバー
  数量 月額料金 備考
合計 28,129円  
(VR)仮想ルーター
VRS(1582GB:約5Mbpsまで転送量無料) 2個 780円 390円 x 2 = 780円
(VM)仮想サーバー
SV2(CPU:1vCPU、メモリ:2GB) 2個 6,000円  
MV2(CPU:2vCPU、メモリ:2GB) 2個 8,000円  
ファイアーウォール機能 - 0円 標準装備
グローバルIPアドレス 2個 760.32 380.160円 x 2 = 760.32
(標準ディスク)ルートディスク
ディスク容量(20GB) 4個 1,601.28 ディスク従量:80GB
20.016円 x 80 = 1601.28
OSテンプレート(CentOS) 2個 0円  
(標準ディスク)データディスク
ディスク容量(100GB) 2個 4,003.2 ディスク従量:200GB
200.016円 x 200 = 4003.2
(フラッシュディスク)データディスク
ディスク容量(100GB) 2個 6,984円 フラッシュディスク100GBプラン:3,492円
3,492円 x 2 = 6,984円
  • ※ 記載されている料金はすべて税抜きです。
  • ※ 消費税の計算方法は、各項目ごとに個数および税金を計算した後、合計金額を算出しています。
  • ※ バックアップ・スナップショット利用時はバックアップストレージ費用(1GB 0.0188円/時間)が別途必要です。
  • ※ グローバルIPアドレス1個標準装備(無料)

こんな方におすすめ

  • Web、DBを複数台構成にして大量のWebアクセスやDBの冗長性に対応したい
  • メンテナンス時はリモートアクセスVPNでリモートログインを行いたい
  • 高セキュアにWebとDBサーバーのネットワークセグメントを分けたい
  • ビジネスの成長に合わせて簡易に仮想サーバーのプランアップを行いたい

ここがポイント

  • 仮想ルーターに標準装備のロードバランサー( L4/L7 )で安価にWebサーバーの複数台構成が可能
  • 仮想ルーターに標準装備のリモートアクセスVPNを使用することでセキュアにリモートアクセスが可能
  • 仮想サーバーを利用することで、今後のビジネスに合わせて柔軟にスケールアップ、スケールアウトが可能
  • ルートディスクとデータディスクを分けることで、必要箇所のみ最適にバックアップが可能
  • フラッシュディスクを利用することで、データベースの高速化が可能。

14日間無料で始める


その他の構成例