GMOクラウド Public - オプション・その他サービス マネージドサービス

セキュリティオプション

サービス内容

昨今のウィルスや不正侵入など増え続ける脅威からサーバーを守るため、様々なセキュリティー対策が必要となってきました。セキュリティーオプションは、「ファイアーウォール」や「iptables」の設定、「SSL証明書」インストールをはじめ、セキュリティーアップデート作業などサーバー構築・運用に欠かせないセキュリティー対策をまとめて代行するサービスです。また、サーバーへの不正アクセス状況を毎週1回レポーティングいたします。

アクセス制御設定
(iptables設定)
お客さまと相談し、Pleskファイアーウォールにてアクセス制限の設定を行います。
月に1回までとなり、2回目以降の設定変更は5,000円(税抜き)となります。
※サーバー管理ツールPleskをご利用のお客さまのみ対象です。
SSL証明書設定 SSLとは、Webサイトで入力する個人情報やクレジットカード情報などを暗号化し、安全に送受信する仕組みです。SSL証明書とは、情報を暗号化するSSLの機能に加え、Webサイトを運営する会社の身元を確認できる機能を備えています。これにより、データの盗聴や改ざん、なりすましを防ぐことができ、安全な通信環境を望む多くの顧客に応えられるようになります。
GMOクラウドでは、SSL証明書を発行するために必要なCSRの生成と、SSL認証局によって発行されたSSL証明書をお客さまのサーバーにインストールします。 また、ご利用中のサーバーからSSL証明書と秘密鍵の移設を行うことも可能です。
SSH用アカウントの作成と
rootログイン拒否
SSH接続用アカウントを作成し、SSHでrootへの直接的なログインを拒否します。
毎週1回の
セキュリティレポート報告
サーバーへのアクセスの状況を毎週1回メールにてご報告いたします。アップデート可能なパッケージについてもご報告いたします。
レポートメールの見本はこちら
セキュリティーアップデート対応 セキュリティーレポートに記載のアップデート可能なパッケージから、ご要望に応じてパッケージのアップデート作業を代行いたします。
不正アクセス調査 サーバーにログインし、不正侵入の痕跡を細かく調査しご報告いたします。
※状況により、特定に至らない場合もございます。
※月に1回までとなり、2回目からの調査は別途費用をご提示させていただきます。

料金

初期費用 10,000円/仮想サーバー1台
月額料金 15,000円/仮想サーバー1台

※ 記載されている料金はすべて税抜きです。
※ 消費税の計算方法は、各項目ごとに個数および税金を計算した後、合計金額を算出しています。
※ セキュリティーオプションはZシリーズではご利用いただけません。
※ ご利用いただけるOSテンプレートはCentOSのみです。(但し、ベータ版OSテンプレートを除く)
※ SSL証明書の取得は、お客さまご自身で行っていただく必要がございます。また、取得費用は別途料金が発生いたします。
※ セキュリティーオプションの導入設定には、2〜3営業日程度かかります。
※ お客さまの運用状況によっては一部作業のみ実施させていただくことがあります。

お見積もり

マネージドサービスに関するお見積もりは下記ボタンよりご連絡ください。
弊社担当者よりあらためてご連絡を差し上げます。

お見積もり

マネージドサービス ご利用の流れ

安心の品質で選ばれるクラウドサーバー