GMOクラウド Public - オプション・その他サービス マネージドサービス

監視復旧オプション

サービス内容

サーバー管理は、24時間365日休むことなく稼働し続けるサーバーの状況を把握するだけでなく、万が一の障害にも速やかに対応する必要があるため、非常に負担の重い業務です。そのようなサーバー管理者様の負担を軽減するため、監視オプションをご用意いたしました。監視サービスおよび一次対応は、豊富な運用実績をもつGMOクラウド Publicにお任せください。

万が一の障害にも速やかに対応

仮想サーバーの監視および一次復旧とレポート報告をいたします。

死活監視 Pingにより、監視対象機器までのネットワークの到達性を監視
ポートの監視 監視一次復旧サービスに準じます
FTP (21番)/SSH (22番)/SMTP(25番)/DNS(53番)/HTTP(80番)/POP(110番)/HTTPS(443番) /MySQL(3306番)/PostgreSQL(5432番)
監視一次復旧サービス 死活監視・ポート監視でアラートが発生した際の対応
お客さまへメールにてご連絡およびサーバーの再起動
レポート報告(月1回) ご希望のお客さまへ、仮想サーバーの稼働状況を毎月1回、メールにて報告
メール内容はこちら
対応可能OSテンプレート CentOS:LAMP/Plesk 9,10,11

料金

初期費用(税抜) 10,000円/仮想サーバー1台
月額料金(税抜) 15,000円/仮想サーバー1台

※ 記載されている料金はすべて税抜きです。
※ 消費税の計算方法は、各項目ごとに個数および税金を計算した後、合計金額を算出しています。
※監視復旧オプションは東京ロケーションでのみご利用いただけます。
※監視復旧オプションはZシリーズではご利用いただけません。
※ご利用いただけるOSテンプレートはCentOSのみです。(但し、ベータ版OSテンプレートを除く)
※ローカルネットワークから監視するため、仮想サーバーにローカルネットワークを追加する必要があります。
※監視復旧オプションの導入設定には、2~3営業日程度かかります。
※監視対象の変更につきましては、平日10:00~18:00のみの対応とさせていただきます。
※仮想サーバーならびにIPアドレス変更のお手続きは承っておりません。監視設定を追加で希望される場合は、新たに本サービスをご契約ください。

サービス再起動スクリプト

監視がエラーとなった場合には、ポート毎にに下記のスクリプトを使用してサービスをstop、startします。スクリプトは/etc/rc.d/init.d 配下のものを使用し、こちらの再起動で対応できないものは一次復旧できません。

サービス/OS CentOS 5.5 LAMP CentOS5.7 LAMP CentOS6.x LAMP CentOS Plesk
FTP(21) vsftpd xinetd
SSH(22) sshd sshd sshd sshd
SMTP(25) sendmail sendmail postfix postfix
DNS(53) named named
HTTP(80) httpd httpd httpd httpd
POP(110) dovecot courier-imap
HTTPS(443) httpd httpd httpd httpd
MySQL(3306) mysqld mysqld mysqld mysqld
PostgreSQL(5432) postgresql

※対応のOSテンプレートは、CentOSのLAMP/Plesk 9,10,11 になります。これ以外のOSテンプレートはサービス対象外です。
※Plesk11をご利用の場合、Nginxを停止または削除していただく必要がございます。

サービス監視

下記サービス一覧を5分間隔で監視し、4回連続で「OK」以外のステータスが表示された場合にアラートを通知します。また、障害時の復旧対応として弊社にて各サービス(デーモン)単位の再起動からサーバー再起動までを代行します。

監視内容 ※1 監視項目 ステータス 監視方法
サービス監視 FTP (21番) OK ポートに接続できた場合。
WARNING ポートに接続できるが、応答に6~11秒要した場合。
CRITICAL ポートがダウンしている、もしくは接続を拒否された場合。
SSH(22番) OK 22番ポートに接続できヘッダに「SSH」の文字列が含まれていた場合。
WARNING なし。
CRITICAL ポートがダウンしている、もしくは接続を拒否された場合。
SMTP(25番) OK SMTPポート(25)へ接続ができ、応答があった場合。
WARNING SMTPポート(25)へ接続はできるが、レスポンスタイムが5秒を超えた場合。
CRITICAL ポートがダウンしている、もしくは接続が拒否された場合。
DNS(53番) OK サーバーから正引きを行った結果、名前解決が正常にできた場合。
WARNING サーバーから正引きを行った結果のレスポンスタイムが5秒を超える場合。
CRITICAL DNSサーバーからの応答が無い場合。
HTTP(80番) OK ポートに接続できた場合。
WARNING ポートに接続できるが、応答に5秒を超えた場合。
CRITICAL ポートがダウンしている、もしくは接続を拒否された場合。
POP(110番) OK ポートに接続できた場合。
WARNING ポートに接続できるが、応答に5秒を超えた場合。
CRITICAL ポートから11秒以上応答がない、もしくはポートがダウンしている場合。
HTTPS
(443番)
OK ポートに接続できた場合。
WARNING ポートに接続できるが、応答に5秒を超えた場合。
CRITICAL ポートがダウンしている、もしくは接続を拒否された場合。
MySQL
(3306番)
OK ポートに接続できた場合。
CRITICAL ポートがダウンしている場合。
PostgreSQL
(5432番)
OK ポートに接続できた場合。
CRITICAL ポートがダウンしている場合。

※1 20分以上異常が続いた場合に実施します。上記サービス一覧に対しpingの疎通を5分間隔で監視し、4回連続で同一ステータスが表示された場合にアラートを通知します。また、障害時の復旧対応として弊社にてサーバー再起動までを代行します。

ping監視/一次復旧

死活監視 ステータス 監視方法
ICMP OK 平均応答時間が5秒未満
WARNING 平均応答時間が5秒以上
CRITICAL CRITICAL ポートがダウンしている、もしくは接続を拒否された場合。

※ pingの疎通を5分間隔で監視し、4回連続で同一ステータスが表示された場合にアラートを通知します。また、障害時の復旧対応として弊社にてサーバー再起動までを代行します。

お見積もり

マネージドサービスに関するお見積もりは下記ボタンよりご連絡ください。
弊社担当者よりあらためてご連絡を差し上げます。

お見積もり

マネージドサービス ご利用の流れ

安心の品質で選ばれるクラウドサーバー